tutoie


無事に面接終了!
今週は娘の学校が冬休みということもあって、自宅でSkype面接を受けることにしましたので、朝から部屋の掃除。
PCについているカメラが広角レンズなので、部屋の隅々まで見えてしまうのが難点。でもお陰で広々見えて綺麗。

フランスにはチュトワイエ(tutoie)というのがあって、「チュトワイエで話しませんか?」というとフランクに話そうよ!ということで、文法上の主語も動詞の変化形も全く違います。
しかも、丁寧な「あなた(Vous)」と、会社やチーム全体を複数形で「あなたたち」という場合もVousで、動詞の変化形も同じというのが、未だに理解できない。

外国人の僕がいきなり「チュトワイエで話しませんか?」というのは違和感ありますし、仕事上では丁寧語にかぎるので、その反対のヴーヴワイエ(vouvoyer) で話すようにしています。
Google Translateだと、フランクな日本語で書いても、ヴーヴワイエで返ってきます。
そういうのも含めて、僕にとっては、チュトワイエは面倒くさい。

人事担当の若い女性は最初のメールから「チュトワイエで話しませんか?」で始まりました。
そのチュトワイエ・メールはとても好印象でしたし、話してみるとビジネスのトーン&マナーもよい感じでした!

今回の仕事は、某お菓子屋さんのソーシャルチャンネルの運営。
甘いもの好きがバレています。。。

一つ残念だったのは、朝からがんばって部屋を掃除したのに、Skypeではなく、電話面接だったって事。

#フランス語 #ビジネス

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

Auto Twitting, Recommendation Search 自動ツイッター、レコメン検索

Young Apple

はじめてのギリシア First Greece