ボーダレス銀行 – TransferWise


ボーダレス銀行 – TransferWise

未だに会社の2018決算は終わっておらず、会計事務所からのメールは未読マーク!!!
「ムッシュ武雄、この7月23日のレストランの領収書がないわ」やれ「○○ユーロの謎の手数料は何!?」とかそういう感じ。

未読メールはさておき、今日はボーダレス銀行 – TransferWise の話。

弊社のようなインターナショナル・カンパニーにとっては国際送金は重要なファクター。

フランスの銀行口座から日本のミツビシユーエフジエイ[0005]に振り込む場合、銀行の送金手数料に加えて、ユーロから円へ変換する為替手数料がかかります。
おまけに、銀行によっては入金手数料なる謎のチケット「ムッシュ武雄、この手数料は何!?」が発行される。

日本のみずほ、三菱東京UFJなどのメガバンクでは一律 3500~5500円の送金手数料がかかります。
為替手数料は、2つあって、外貨から円貨がTTBレート、円を外貨にして送金する場合はTTSレートが加算されます。
レートは金融機関により違いますし、毎日変動します。1ドルを日本円に換金するTTBレートは、1~2円くらいが差し引かれます。
これが超やばい。。。50万円を移動すると、1万円くらいが手数料でなくなる計算になります。

しかも、企業様によっては、手数料を差し引いて、ギャラを支払われる方々もいらっしゃる。
これが超いたい!

この問題解決となるのがTransferWise (https://transferwise.com/)
ユーロ、ドル、円など40通貨以上からなるボーダレスな銀行で、通貨は違うが同じ銀行内での移動になるので、為替手数料が発生しません。
また、送金(移動)手数料も0.45~2.35%ととてもリーズナブルです。PayPalの送金手数料 6%+7円に比べるとお得感あります。

もう一つ問題だったのは、IBAN というInternational Bank Account Number – 国際銀行口座番号。
これは、銀行番号+支店コード+口座番号をひっつけたような長い番号です。
これがないと、銀行からの国際送金ができませんでした。
最近は、Swiftコードで送金可能なところもあります。
日本は、鎌倉以後ずっと鎖国状態なので、このIBANに対応できていません。←これ凄い謎です。

TransferWiseが日本に進出してから、彼らは、日本語をアルファベットで解読せず、何故か、カタカナを使います。
なので、ミツビシユーエフジエイは彼らにとっては正式な銀行名称なのです。

2019年現在、TransferWise(株)は法人口座には対応していませんが、もうすぐ対応できるんじゃないかな?!
これであなたの会社もインターナショナル・カンパニーの仲間入り!

#bank #銀行 #為替 #FX #社長業 #会計

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

UI san

BIL BO K

おもちゃの国 Toy’s world