Blindfold tasting game

Blindfold tasting game

お酒にまつわるお仕事をされている人なら一度はやったことある”目隠しテースティング(Blindfold tasting game)”。 本当に目隠ししなくていいのですが、飲んでみて、産地や素材の品種を当てっこするゲームです。 今宵は、なかなか難しいかも。「南かな~?」「もうちょぅと東の地域」とか探りつつ、「シャルドネ!」という葡萄の品種が挙がりました。 そう、それは確かにシャルドネ品種、なのですが、産地は山梨県!この夏に帰省した時に、山梨の中でも美味しい白ワインを2本買ってきて、ここのワイン屋さんと友人に一本づつ差し上げました。 律儀にもずっとワインセラーでいい温度に冷やして置いてくれてたそうで、今夜、スタッフとお客さんと僕たちに振舞ってくれました。 さすがに味は不安だったんだけど、しっかりした良い癖がありつつ爽やかに喉を流れる感じがあって、皆さんも笑顔で山梨を褒め称えていました。ホっ。 僕とイラストレーターのVさんは、新しいウェブサイトのイラストに、もう一発のアイデアを注入しようと、ボジョレーヌーボーを注入しています。 難しい話もして喧々諤々でしたが、新しくもふっくらした感覚のある新酒のお陰で、実りある論議ができました。僕らの新作が楽しみ!!! #beaujolaisnouveau [...]

Read More...

Gorilla Society 2

Gorilla Society 2

続ゴリラ社会。 昔、一緒にゴリラ社会で働いたタツヤが日本からやってきたので、久しぶりに晩ごはんでも食べるか~!と、男二人でちょっといい外食。 ちょっといいビストロ Bien Élevé は、最近流行ってる 9区のごちゃごちゃ地区 Richer通りにこじんまり店を開けています。 この辺りは、ゴリラ社会以前に、昔働いていた地域で、そこはゴリラというより、マングース社会だったかな? 実はタツヤはほとんど呑めないんです。でも試しにこのラングドックのChâteau de La Liquière – Cistus を頼んだ。これは、ビオワインやナチュラルワインの種別でも、割と厳格なビオダイナミというクラスで、正しい無農薬+無添加で作られています。 Cistusは南フランスにどこでも咲いてる野花で、正午前後の少しの間に花を開くそうで、太陽が真上にある時刻のことを意味する。そういう粋なフレッシュさがあり、尚且つラングドック特有の重いパンチを打ってくる。 Cistusって名前は不似合いか? 写真は、前菜に頼んだ牛タルタルなんだけれど、まるでユッケなサラダ? この後、アメリカの熟成肉が香り香ばしく焼きあがるんだけど、この香りの組み合わせは、まるで大阪の鶴橋だね?! タツヤ頭痛くならんかった? [...]

Read More...

Les enfants d’abord まずは子供

Les enfants d’abord まずは子供

友人の画家Aさんの誕生日にかこつけて、土曜日の昼から美味しいフレンチで赤ワインをいただく。先週、禁酒を決意したにもかかわらず、サングリア、白ワイン、ビール、赤ワインと毎日飲んでしまっている。。。しかし何呑んでもおいしいー :) 今日はフォアドボーという、子牛の肝臓を食べる。口の中でとろける、まどろむ。 でも子連れなので、そんなにゆっくりもできず、食後のコーヒーは別の店へ移動ー。 パリの北へ行ったそこでは、”Les enfants d’abord” という北欧の子供用プロダクト商品の展示が行われていました。北欧独特のスタイリッシュなフォルムに、子供らしい色使いや、形状が加味され、とても愛らしい製品がセレクトされていました。 娘に買ってあげたい “Come and draw” (写真右下)は、デッサン用テーブルで、丸い画用紙が重ねられたテーブルです。 Les enfants d’abord. 13.05.2011 – 17.07.2011 [...]

Read More...