Pablo Valbuena – SI LE TEMPS EST UN LIEU

Pablo Valbuena – SI LE TEMPS EST UN LIEU

現在開催中のPablo Valbuena氏のインスタレーションを見に行きました。 会場は、104 Cent Quatre (http://www.104.fr/fiche-evenement/pablo-valbuena.html) 究極のミニマルなプロジェクションマッピングや、光のインスタレーション。 ただひたすらに一本の光が古い柱をゆっくりスキャンしていたり、柱に設置されたストロボがただひたすらに順番に点滅したり。
Planning a straight ストレートな企画

Planning a straight ストレートな企画

#LaNuitBlanche2014 OPEN MUSÉE STREET-ART CONTEMPORAIN @Gare d’Austerlitz 夜中から翌朝まで、公共機関、公共施設を中心に催される徹夜型、野外美術館(OPEN MUSÉE STREET-ART CONTEMPORAIN) La Nuit Blanche。 今回はストリート現代アートミュージアムとして、若いアーティストを中心としてセレクトされているようです。 今夜は、2020年に完成予定のパリ13区のオステルリッツ駅の拡張工事現場でのPablo Valbuenaさんのインスタレーションを見てきました。 新しく増設されたプラットフォーム横には、支柱と2階になる天井ができあがっていますが、地面はまだなくて、砂利道です。 その真っ暗な工事現場の支柱がストロボライトで奥の方から順々に光ってやってくる、、、というシンプルなもの。 光のスピードがどんどん速くなってストレートな光の空間になる感覚はとても気持ちいい。このストレートな企画とてもいい。 駅に入って少し経つと観客たちはふと気付くんですよね、、、え、ワタシたちこれから何処まで歩くんだろうと。 最後は、工事現場の果ての果てのまだ出来上がっていない駅の通路を外に出されるのでした〜。 #LaNuitBlanche2014 #LaNuitBlanche2014 OPEN MUSÉE STREET-ART CONTEMPORAIN @Gare d’Austerlitz @Gare d’Austerlitz