初めての誕生日会〜久しぶりの映画 First Birthday Party – Movie after a long time

初めての誕生日会〜久しぶりの映画 First Birthday Party – Movie after a long time

娘のそらが初めてお誕生日会に誘われたらしく、とても嬉しそうに招待状をみせてくれた。 男の子からのお誘いで、親の僕も自分のことのように嬉しかった。 日曜日の午後の3時間。子供たちだけのお祝い。 両親は軽く挨拶して、さっと帰るのが礼儀。 時には、迎えに上がるタイミングで、アペロ(軽い吞み)があることもあるらしい。というのがお誕生日会の定説。 男の子はマチュー君といって、耳が少し不自由。 そらがマチュー君を説明する時は、「マチューは小さい声でしゃべるのよ〜」と自分も小さい声でしゃべって、心配そうにしている。 そして、僕たちは3時間の間、久しぶりに映画に行く事に決めた!というくらいの決心。 これまで4年間、2人そろって娘から離れることは、今日で3回目なんです。 3年間は愛情たっぷりに育てようという趣旨から、いつもどちらかが一緒にいた。 今日も最初は落ち着かなかったけれど、もう4歳だし、今日からこういう機会も作っていこうとかコーヒー飲みながら話をした。 映画は、何の予習もしていなかったけれど、映画評論ではなかなかポイントが高かったというだけで、HENRIという映画を観ました。田舎のバーレストランを営むカタブツ男のHENRI(ヘンリー)が主役。 奥さんは結構綺麗だけれど、最初の10分くらいで、彼女の葬式のシーン。「いや〜、久しぶりの映画なのに暗いんちゃうん?」とか心配になる。 HENRIの娘さんの勧めで、お葬式の手伝いをしていた、知的障害を持つ女の子 パピヨンを、レストランに雇うこととなる。 田舎のレストランに集まるおっさんたちの中で、ひときわ輝いて見えるパピヨンが、往年のジュリエット・ビノシュに見えたわ〜とか話すと、奥さんにはダメ出しされたけど。 その純粋な乙女な表情に恋するHENRIとパピヨンの小さな愛を描いた作品。 二人が小旅行をするブルターニュ地方の海の風景も美しく、ジーンとする映画でした。 映画館を出たら新月が高く灯り、紫色の空がいつもより広く見えました。 娘を迎えに行くと、ホスト役のマチュー君のパパ&ママは、かなり疲れはてた表情でした(笑)。 素敵な時間をありがとうございました。
Two Recorders

Two Recorders

夏休みも残すところ2週間となりました。僕もようやく今週から1週間、大西洋の海辺で休暇をとります。 学校は休みですが、僕らみたいな休みのない不幸な家庭の子供の多くはCentre de loisirという学童保育に行ったりします。 あんまり、面白い!という学校でもないので娘には申し訳ないとも思っています。 ので、夏の間は、僕が送り迎えをしています。 「お母さんがいい」とか時々言われますが、それでも挫けずに(笑)。 今日は帰りに文房具店でリコーダーを見つけて「クラリネットが欲しい」というので、この夏も学校でがんばったので、プレゼントしました。 写真の左のはドイツの玩具で、色で楽譜を書くシリーズです。 今回のは普通のリコーダーですね。 娘が楽器を何かやってくれるのはいいなと思っています。 もし、何か始めたら、僕も一緒に練習するのが夢です。 もし、クラリネットだったら、とてもいいです。 Beyond the Silence(Jenseits der Stille)はドイツの映画で、耳の不自由な両親のもとに産まれた少女ララが、叔母さんからの勧めでクラリネットと出会い、その才能を開花させていく姿を描く、家族愛をテーマにした内容です。 僕はあの劇中で奏でられるクラリネットの音色が好きで、時々このアトリエでかけています。
Demain 

Demain 

もう一息っちゅう感じで本年最後の企画書を書いて(描いて)います。 今日は気分を変えようと、自転車で川の反対側の映画館へ Demain(明日)というドキュメンタリー映画を観に行きました。 フランスで開催されたCOP21(国連気候変動会議)と同日に公開された作品で、世界が抱える問題に取り組んでいるごくごく普通の市民をカメラは追いかけています。 監督のCyril DionさんとMélanie Laurentさんは、まず荒廃したデトロイト市で、その都会の中で農業に取り組む女性を訪問します。 イギリスのトッドモーデンでは、市民の呼びかけで街 のあらゆるところ、普通は花が咲いているようなところに野菜や果物が生っています。 もちろフランスを中心とした有機農法も紹介されています。 サンフランシスコでは、ゴミの80%をリサイクル、リユースしている工場を訪ね、コペンハーゲンでは再生可能エネルギー発電を完全自治で賄っている人々を訪ねます。 農業~エネルギー~経済~デモクラシー~とテーマは進み、映画の最後は、フィンランドの貧困地域の新しい学校での自由な教育の場が紹介され、活き活きとした子供たちの笑顔が明日への希望を感じさせます。 Cyril DionさんはNGOのColibrisのメンバーの一人です。 有機農法の提案から始まり、多くの社会問題に取り組んでいます。 Colibrisはハチドリのことで、アマゾンの森林での火事の秘話を創立者のPierre Rabhiさんは話します。 火事になったとき大きな動物たちは一斉に森から逃げたそうなんです。 でもハチドリだけは、その小さいクチバシで水を汲んで火を消そうとしたそうです。それを見た他の動物たちは「何やってんだ、そんなんじゃ火は消せないよ」と言い、ハチドリは「自分のできることをやるんだ」と返したそうです。 この秘話を聞いて、また映画を拝見して、ガーンと頭の中が鳴っています。 隣の劇場では、STAR WARSで賑わっているのも変な感じです。 今の企画書、全くこの映画とテーマが違うのですが、序々にでもお客さんとこのようなビジョンを共有していけたらいいと思います。 https://www.colibris-lemouvement.org https://www.pierrerabhi.org
Preview 試写会

Preview 試写会

We had a screening of the fist editing of the movie which is still on the move. This is a collaborative project between three different country... 夕刻に進行中の映画の第一次編集分の試写会を行う。3国間での共同プロジェクトで、それぞれの...