AI時代にモノづくりは生き残るのか – Takumi – A 60,000-hour story on the survival of human craft

AI時代にモノづくりは生き残るのか – Takumi – A 60,000-hour story on the survival of human craft

トヨタ レクサスのプロモーションのために作られた(にしては)見ごたえたっぷりなドキュメンタリーフィルム “Takumi – A 60,000-hour story on the survival of human craft” 「AI時代にモノづくりは生き残るのか」の話。 フィルムは、TAKUMI「匠」の文字の中に、AIの文字を見つけ出すシンプルなタイトルワークで始まります。 表題の6万時間は、一般の人間が「職人」その中でも「匠」というレベルの技術を得るまでの時間を指しています。AI – 人工知能は、人間が一生をかけて習得する技術を一瞬で学習するとナレーターは話し出します。 サイトで語られるストーリーはインタラクティブになっており4つのチャプターで「匠」の人々を紹介し、これからのモノづくりを問題定義していきます。 Chapter 1 大阪で1 400年前に建造された四天王寺を建造した金剛組で働く宮大工の男性 Chapter 2 京都の北の森の中にあるミシュラン2つ星の美山荘の料理人 Chapter 3 自分の漉いた和紙で立体的な切り絵を作りだすアーティスト そして最後に、 Chapter 4 レクサスの生産ラインの最後の部署、最終検査部門で働く男性と、レクサスが目指す、最先端のプロダクトデザインと人間が持つクラフトデザインの調和で締めくくられます。 フィルムの中でコメントを残した3名の現在の思想家の言葉をノートしてみました。 スミソニアン博物館のクラフト部門のキュレーター ノラ・アトキンソン氏(@renwickcurators) 工芸は人類の誕生と共に存在するようになりました。人間の手による工芸は消えてしまうのでしょうか? それとも工芸が人間の文化の中に生き残り、より価値を生み出すのだろうか? 工芸の起源は、文明の起源と言えます。工芸は人類の誕生と同時に存在するようになりました。私たち人間は、主に実用性のある物を作ってきました。 産業革命まで、全ての物は手で作られていましたので、すべてのモノは「工芸品」であるとみなされていました。 そこから19世紀後半、そして今の時代に至る流れの中で、完全に違う世界に変わりました。 「工芸」はコンピュータがもたらす「効率性」とは真逆に存在します。 工芸アーティストは。コンピュータと競い合うことはありません。 そのような状況において「なぜ手で物を作るのか? 機械ではなく手で作ることによる付加価値が何なのか?」という疑問が沸いてきます。