寄せ書き Messages – Jazz&Love

寄せ書き Messages – Jazz&Love

パリ郊外のDさんの自宅には、小さな録音スタジオがある。 グランドピアノが置かれて、他に2つの個室がある。3人で演奏しても、それぞれ完全に別トラックとして録音できるようになっている。例えば、ドラムとベースとピアノとかが一緒に演奏しても、それぞれのマイクには他の音が入ってこない設備になっている。 彼はジャズのピアニストですが、今回は彼が思春期に聴いてきたロック、ファンク、ゴスペル、フュージョンなどを取り上げた楽曲です。その録音のために、昔の珍しいオルガンや電子キーボードが所狭しと置いてある。 トランペット、エレクトロニックベース、ドラムが録音され、ギターは日本で演奏されて、つい先日送られてきた。 午後に4人が集まり、これまで録音してきた曲を、一つ一つ聴いては、意見を述べ合い、最終的な修正を行った。 だいたいフランス人はこのような場にあっても名刺交換とはしないので、誰が何をしているのか判らない。 でも、僕のとなりにいるFさんが一番好き勝手に喋っているし、全ての曲に対して厳しい意見を連発している。何曲かは抹消された(笑) なので、たぶん偉い人で、プロデューサーか何かかなと思う。 リフェレンスとしている過去の音楽もほとんど頭に入っている音楽百科事典みたいな人だ。 その隣のRさんは少し若く、大体が「いいね!」くらいで肯定的。曲の順番をいつも気にしていて、全体感をみている。 必ず全員が意見するのだが、残念ながら、僕のフランス語は、音に対してそんなに表現を持ち合わせていない。 そして、僕が座った椅子がキーキーいうので、なかなかリラックスして聴いていられない(笑)。 彼の家には、僕が彼らのコンサートのために描いたポスターが額装されている。 ポスターにはその時に演奏した福島の中学校の吹奏楽部の子たちの寄せ書きがあった。 なんだかジーンときた。いつもより絵が大きく見えたよ。 ※当日の演奏はこちらから見れます。 Dさんは、このコンサート以来、とてもポジティブな態度で作品作りをしているそうだ。 今回のメインテーマになる曲がそれを示し、僕らに希望を与えているように思う。 そして、フランス人は大体が帰り際に名乗り合う。 結局、好き勝手言っていた百科事典さんは、フランスジャズ協会の会長さんだそうだ。 どうりでジャズに厳しい。 [...]

Read More...

Report Jazz&Love ポスター貼ってみた。

Report Jazz&Love ポスター貼ってみた。

The charity Jazz concert Jazz & Love on April 17, 2012 in Tokyo was a great success! All the money raised is ¥ 3,606,352 (€ 36.212,00) This amount was fully spent on musical instruments. and whose pieces were delivered last June 8, 2012. You can see the report and photo video archive at CCIFJ official page. I've pasted a poster of mine at the stdio, It's nice big size :) 4月17日に東京で行われましたチャリティーコンサートは大成功を納め、先日、報告書が届きました。 皆様から頂戴しました寄付金、¥ 3,606,352 (€ 36.212,00)は、子供たちの楽器購入に充てられ、6月8日に納品が済みました。 レポートや写真やビデオは、CCIFJの公式ページからご覧になれます。 今日は自分で描いたポスターをアトリエに貼ってご満悦です :) [...]

Read More...

Supermen’s night 超人たちの今宵 – Jazz&Love

Supermen’s night 超人たちの今宵 – Jazz&Love

もう、これまで聴いてきたコンサートでベストかもしれない!!! 凄すぎて泣きっぱなしでした、が、A女史をエスコートしていたので、そんなにオロオロしてもいられない。 ドミニク・フィヨン・トリオの4人と、フィヨンさんの奥さんのバイオリンと、日本からはCobaさんと渡辺香津美さん、そして、千葉県習志野市立第二中学校の吹奏楽団が演奏してくれました。 お陰さまで満員御礼となったチャリティーコンサートは、歓喜の中で幕を閉じました。 得に吹奏楽団とトリオの共演は涙で舞台が見えないよ〜。Jazz的な掛け合いをやるわけだけれど、吹奏楽団が入ってくるタイミングを、トリオのトランペットが指先で、4, 3, 2, 1と出すのをマウスピースくわけて真剣に見る子供たちの横顔がマジに美しい。 演目はほとんどがフィヨンさんのオリジナルでした。彼の曲はどちらかというと、楽しげで演奏は早弾きが多く高い技術力を要します。僕はよくピアノやギターを見ると、中世に10本の指をバラバラに動かしたり、細い弦の上を5本の指を曲芸のような変形をさせながらではないと音楽が奏でられない道具がよく、それほど進化もせずに今まで残っているな〜と思う。 あの渡辺香津美さんでさえ、顔をしかめて、のけぞるようにならないと演奏できないのに。。。 今夜、初めて渡辺さんたちの演奏を聴いて思ったのは、ある長い肉体的訓練のいる道具を使いこなす場合、肉体的訓練に伴う精神向上は計り知れないものがあるという事。高い山を登らないと見えない風景という真理をいくつも見てきた人たちなのだろう。そういう超人のぶつかり合いを垣間みれて今夜は特別に幸せである。 [...]

Read More...

Submission of a manuscript – Jazz&Love

Submission of a manuscript – Jazz&Love

ちょっと長いことやってましたが、来月東京で開催されますジャズコンサートの招待状やらポスターやらの入稿が完了しました。 今回はA2サイズのポスターをたくさん刷っていただいたので嬉しいです。印刷にはパールシルバーな紙を選びましたので、ポップな絵柄ですが、品のあるものに仕上がるはずです。 そして、今夜は、sacem(フランスの著作権協会)にて、このコンサートのための新曲とプロジェクトの発表のためプレス用コンサートが開かれました。素晴らしくノリのいい演奏に、皆さん立ち上がって喜びを表現していました。 東京でのコンサートは主催者側のご好意で僕も楽しませていただきます:) 日程は、4月17日(火)19:00 会場は、東京ミッドタウン内のBillboard Live Tokyoです。 もし、ご興味のある方は、下記のリンクからコンタクトをされてチケットをご購入ください。美味しい食事をいただける少しリッチなコンサートです。 [...]

Read More...

Probono プロボノ

Probono プロボノ

ウィキペディアによりますと、プロボノとはラテン語で「公共善のために」を意味するpro bono publicoの略で、最初は弁護士など法律に携わる職業の人々が無報酬で行う、ボランティアの公益事業あるいは公益の法律家活動を指した。 ということは、pro bono publicoは仕事の合間にやるということだけれども、全ての企業、団体がpro bono publico=メイン業務みたいになっていくと、世界は変わるんだろうなぁ〜(遠い目) 自分の小さい会社くらいそうなりたいです。 4月17日(日)のチャリティーイベントの準備にいろいろな方から、協力をいただいています。 今日はジャズドラマーのリオネル•ボッカラさんから「ジャズはいらないかい?」というメッセージをいただいた(涙) もちろんです。Listen it here ! 彼こそ、ポロボノドラマーだ。 アーティストの参加依頼の書類はこちらからダウンロードできます。 [...]

Read More...

L’homme transcendé 超越

L’homme transcendé 超越

日曜日の昼、作曲家でありパフォマンサーでもある後藤英さんのアトリエにお邪魔する。 来週に開催されるNémo 2011 のリハーサルをされるというのでお誘いをいただいた。 ボディースーツに取り付けられたセンサーが、コンピュータのサウンドをコントロールして、演奏がなされる仕組み。サイバーなのだけれど、妙な自然界の音の広がりを感じさせてくれます。 このアトリエは、同じくアーティストの奥様、ミッシェルさんとの共同作業場。彼女は自然のマテリアルを集めて来て、再構成するような作風です。一見、全く違う二人ですが、自然の中にある構造を再構築するようなところに共通点を感じました。2人で合作とかすると面白いと思いました。もめそうだけど〜(笑) 来月4月17日(日)お昼から、震災のチャリティーイベントを後藤さんや、画家の釘町さん、建築家の山添さんたちと協力して、ピヴォのアトリエで行うことになりました。後藤さんのパフォーマンス+アーティスト作品の展示即売などを行います。 15cm x 15cmの平面もしくは立体作品をご提供していただけるアーティストを募っております。集まりました義援金は赤十字を通じて寄付をさせていただきます。 ご協力いただけるアーティストの方は是非お問い合わせください。また当日は、ご友人ともどもお気軽にご参加ください! イベント詳細は、引き続きこのブログでお伝え致します。 [...]

Read More...