Sympathy for caterpillar 毛虫のシンパシー


ニャッキの生みの親であり、現東京藝術大学大学院 映像研究科の教授でらっしゃるIさんがはるばるアトリエに遊びに来てくれました。15年ぶりっすね〜。
今回はアヌシーアニメーションフェスティバルに参加され、パリ近郊のアニメーションスタジオや大学を見学して回られるそうです。ここもその見学の一貫。
Iさんは僕と同じ年の娘さんがいることで、シンパシーを感じているそうだ。僕は、毛虫の作品(A Life Trip)とニャッキで、毛虫のシンパシーを感じている。と言ったら、ニャッキは毛虫ではなく青虫だと喝破された〜w

Iさんと僕は、約20年くらい前に2人でオーストラリアに行ったことがあるんです。カンガルーを見て、コアラを抱っこし、ヌーディストビーチに寝っ転がりつつ、シドニー近郊にある、アニメーションやVFXの会社を見学して周りましたね。見学が好きなんですね教授!
その旅行はIさんが航空券などを手配していただいたんですが、行きも帰りも飛行機はハネムーンのカップルで満席でした。どう見てもホモカップルな二人でしたね。その節はありがとうございました!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

First piece

Bravo Kunio ! バンザイ くにお!

[:en]PSST! 2[:ja]汗と涙の結晶! PSST! 2[:]