SONY FE85mm F1.4 GM


この春にソニーの執念のレンズ、FE135mm F1.8 GMに一目ぼれ(https://takeologie.com/fe-135mm-f1-8-gm/)。
今日は同じく G-Masterの85mmが次の仕事のためにDHLで届きました。
このレンズは、簡単に言うと誰でも綺麗に撮れちゃうレンズw!!!

85mmの方はもう3年も前、2016年にベストレンズ賞(https://www.tipa.com/)を勝ち取ったレンズで、その3年後に発売された135mmも同じくTIPAでベストに評価された素晴らしい出来栄えのレンズです。

見た目では、85mmも135mmも同じようなものだけれど、この3年間の技術革新は凄いです。
大きな違いは、オートフォーカスの駆動部分。

85mmは、Super Sonic Wave Moter(超音波モーター)というモーターで動作していましたが、135mmでは、XD Linear Moter(リニアモーター)で動いています。
体感では、135mmはフォーカスが動いている音も振動もしないくらいストイックにシャープに駆動して適切なフォーカスをあわせます。
だから、今日初めて85mmをつけてみたら、「えっ、これ壊れてる?!」と思うくらい、超音波な音がしましたし、フォーカスをあわせるソフトウェア側の解析の遅さも感じました。

でも、撮れている画は、本当に誰でも綺麗に撮れちゃうレンズです。
普段見慣れている散らかった部屋もうっとりする美しい風景に変えてくれます。

もし、プロの人でこれを読んだ人は、今度レンズを買うとき、この”XD Linear Moter”という技術は気にした方がいいと思います。

僕が仕事で写真を撮り始めた理由でよく友人に話すのは、僕の視力の悪い目で見ているものより、このSONYのコンピュータが見ている画の方が断然クリアーだという事。
センサーのレゾリューションには、僕のボケた網膜には感じられないような情報量を、ただ単なるディティールではなく、抒情詩の域まで引き上げてきているように思います。

次の撮影が楽しみなワクワク感。85mmを枕元において寝るかな!
#sony #love

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

Working Holiday ワーホリ、働くべきか、遊ぶべきか。

Webmaster Tools ヘイ、マスター!

Noroちゃん再び! Encore! Madomoiselle Noro