Quake II MD2 潜り抜けた暗闇


この1週間、本当に暗かった〜。週末の土曜日、ようやく光が見えた!
現在制作中のAndroid上でのアプリで、どうしてもMaya上でデザインしたモデルとアニメーションを使いたくて、あらゆる方法を試作してきたが、ようやくパイプラインができそうだ。この先、また暗闇があるかもしれないが、ちょっとブレイクするためノートでもしてみよう。
もちろん、大きなゲームカンパニーやソフトウェアハウスでは、独自のインポート、エクスポートツールを開発している事だろうと思う。僕の基本的なアイデアとしては、デザインとアニメーションを一つのパッケージとして、プログラム側にピンポンする事だった。でもなかなか見つからなかった。
最終的なアウトプットはMD2ファイル。これは、1997年、爆発的ヒットとなった3Dシューティングゲーム Quake II で開発された3Dモデルフォーマット。これがずばりコンパクトにデザインとアニメーションを包含し、OpenGL ESにもインポート可能なフォーマット。なんでまたこんな古いフォーマットを使ってるんだろうと思うけれど、それほどシンプルで汎用性のあるフォーマットなんでしょう。
僕の今回の経路は、Maya(Collada Export) > Blender(MD2 Export) > Open GL ES です。
いろいろアドバイスいただいたFさんありがとう。さあ、これからデザインだーーー。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

Ratatouille ラタトゥイユ

Made in pivot

Delicate point ビミョウなポイント