Pseudo-Savignac えせ、サヴィニャック

20070711e_savignac.jpg20070711f_savignac.jpg
Raymond Savignac is one of fame french illustrator in 60-70s.

Now I and Mr. R who from Senegal are making short title-animation.
We choose a cel-shaded rendering for 3d characters.
Hand drawing like Mr.Savignac’s touch is our objective.
So he tries copy his fame one.
He draws first by the hand and it seems to grip intuition.
It is a wild intuition. Great…
It doesn’t look like for a moment.
Of course after drawing we need programming.

レイモンド・サヴィニャックは60-70年代に多くのポスターを描いたフランスの代表的なイラストレーターです。

今、セネガル出身のデザイナーと一緒に、短いタイトルアニメーションを制作中。
3Dキャラクターを、カートゥーンぽく描画するCel-shadedという技術の応用編で、サヴィニャックみたいな手描きっぽくやってみよう!という事にしました。
で、一生懸命に模写しています。 まずは手で描いて勘を掴むようです。
野生の勘です。 そこが彼の偉いとこ。
ちょっと似てないけどね~。
もちろん、この後は手描きではなくプログラミングですよ。

3 thoughts on “Pseudo-Savignac えせ、サヴィニャック

  1. shiroさん
    新種の顔文字かと思いました。
    というか、アレでOKだった時代が好きという感じもします(笑)。
    すごい自由に描いていたのか、結構考えて描いていたのか、真相が知りたいです。
    いろいろ書きましたが、スゴイ尊敬している人物です! すき!!!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

Heart beats in autumn胸ときめく秋

100% Particles

Zebruv uv展開のために