Potential


昨年3月11日の未曾有の大震災から1年。日本の1つの地域が流され、多くの方の家族が亡くなりました。その哀しみやどこに矛先を向ければいいのか判らない怒りは、僕の想像を絶しています。が、この1年間の復興のエピソードを伺うたびに、多くのものを失った哀しみのどん底に居ようとも、人というのは限りない生へのエネルギーを持っているものだと感じました。
メディアでは、震災後の人々の価値観の変化を唱っています。そして、僕は、この1年で、初めてチャリティー活動を体験しました。その中で多くの人、これまでチャリティーとは無縁であったろう人々に出会いました。僕はその中で、皆が生への潜在的なそして本質的な欲求をお互いが確認しあっているのではないかと思いました。その生のベクトルが善の方向を差しているんだと再確認をしているのかもしれません。
僕はこの人間に秘められた潜在的なパフォーマンスに唯一無二の価値を感じます。この震災の狭義に限らず、お互いの心の奥底を尊重し共鳴できる仕事をしていきたいと思います。
最後に、台湾政府が日本のために制作してくれたフィルムを少しお手伝いさせていただいたので、ご紹介致します。最後の桜のタイトルショットです。日本311東日本大震災滿1年 感謝篇

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

いやいやえん IyaIyaEn

First piece

Overhaul オーバーホール