Parade by Erik Satieエリックサティーのパレード





Parade is a ballet with music by Erik Satie and a one-act scenario by Jean Cocteau on 1917. And I should be noted that Pablo Picasso participated as cosutume designer and set designer, and he painted a stage curtain (* Photo 1)
I visited to the museum pompidou center in Metz at last week with my family. They show it on the first floor, It’s like the darkness of the theater.
This is a concerto very Surrealism, Picasso enjoys creating to strange clowns who put cubist costumes , Satie used some sampling sound as typewriter, noise from a radio, pistol etc.
This work was the forerunner of surrealism in 20 century.
I was exiting in the darkness !

Link: https://www.ina.fr/audio/PHF07009283/erik-satie-parade.fr.html



パレードはエリック・サティが音楽を担当し、ジャン•コクトーがシナリオを書き綴った1917年のバレエ作品です。特筆すべきは、パブロ・ピカソがコスチュームデザイナー、セットデザイナーとして参加していることです。そして、写真のステージカーテンも描いています。
僕は少しの休暇をとり、家族とメッスにできた新しいポンピドゥーセンターを訪れました。この大きなカーテンは、センターの1階にまるでシアターの暗闇の中のように展示されていました。
これは、シュールレアリズム的協奏曲。ピカソは。キュービズム的な衣装をまとったストレンジな道化師を描き、サティはすでにサンプリングという技術を使用し、タイプライターや、ラジオのノイズ、ピストルの現実音を、楽曲にミックスしている。
この20世紀前半の作品がシュールレアリズムの黎明となる。
静かな暗闇でワクワクしてしまいました!

Link: https://www.ina.fr/audio/PHF07009283/erik-satie-parade.fr.html

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

Last Love Shot 僕の愛のかたち (今日のもこもこ2)

Japanese postage Soba stamp – 2017