Midnight Uber


深夜のUberで撮影機材をたくさん積んで帰宅した昨日の深夜のUberの会話

Uber(以下 U)「一体その荷物は何なの?音楽か何か?」
Takeo(以下 T)「いや、写真とかビデオの機材なんですよ」
U 「へー」

U 「自分のアカウントで仕事しているの?(自営なのか?の意味)」
T 「はい、そうですよ」
U 「サイトある?」
T 「え?」
U 「写真って幾らくらいで撮ってくれる?」
U 「来月、奥さんの誕生日でパーティーをやるんだけど、撮ってくれる?」
T 「おー、もちろん喜んで ^_^」
U 「これ僕のインスタ、風景が好きで撮ってるんだ~」

と言って、二人のインスタを交換した深夜のUber。
こういう人間くさいパリな感覚がパリに住んでるなぁ~と思う夜でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

それってショック! Shock Wave Flash

MODUL 8 もしくは グリッド・システム

Rose in snow雪の中に薔薇