Maxwell lighting setup test

20060526_shop.jpg
最近のリアリスティック・レンダリングの傾向と対策
Maxwell Renderの公式ページにて、リアル空間をNikon D70で撮影したものと、バーチャル空間をMaxwellでレンダリングしたものを比較しています。
よく、人物キャラをリアリスティックに表現しているケースが多いですが、私的にはあまり興味なし。 だたこの手のシュミレーション・テストは面白い。 両者ともいい雰囲気でてます。
↑写真は、新しくできたインテリアショップ。 いい雰囲気作るには、こういう気の利いた家具のレイアウトも大事。(takeo)

Tendency and measures toward realistic rendering.
Maxwell Render’s official site, they compare between a real space which was photographed by Nikon D70 and a virtual space which was rendered by Maxwell.
There are quite a lot of cases which express realistically the human figure but it does not interest me much.
However this kind of simulation test is interesting. Both of them have some kind of mood.

The image above is a new opened interior shop. It is important to have these witty furniture to make nice atmosphere.

2 thoughts on “Maxwell lighting setup test

  1. 最近リアルなCGには、なんか食傷気味かも。
    リアルではなく味のあるものを目指すかな。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

Sweet photo スイートフォト

ピザ対決 Pizza Battle

Happiness pivot おめでた! ピヴォ