嘘とリアリティー Lies and reality


長いこと続けている仕事で、お菓子を3Dで作ることをやっています。
もう30個も作りまして、そろそろ終わりです。

絵の雰囲気はベタ塗りでして、クライアントもそれで良いとしていたのですが、

最後の最後にフルーツの上から蜜をかけたようなタルトがでてきました。
これだけはベタ塗りですと美味しくなさそうで、少し気が変わって、キラリっとした光沢感とか映りこみを入れてしまった。
まさに美味しそうなのだけれど、他の29個のベタ塗りお菓子が妙に不味そうに見えてきて大きくバランスを崩してしまった。
Reflection 反射 – Refraction 屈折 – Specular スペキュラ(ハイライトの強弱)は3Dの三種の神器でして、それを使ってリアリティのある絵を追い求めてきたのが3DCGの世界でした。

嘘っぽいリアリティーを求めて、ベタ塗りのような反射ができるセットを作ってみました。
嘘っぽい美味しいお菓子ができましたが、クライアントは、クリスマスと新年のお菓子の注文でそれどころではないようです。
#CG #3DCG #maya #rendering #patisserie

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

An electric shop or A musical instrument shop ? 電気屋か楽器屋か?

Kawaii income declarationかわいい所得申告

Bicycle Team in Paris 夢の自転車部