Le monde nouveau de Charlotte Perriand


Exposition – Le monde nouveau de Charlotte Perriand

avec
Georges Braque
Alexander Calder
Robert Delaunay
Hisao Domoto
Simon Hantaï
Hans Hartung
Henri Laurens
Le Corbusier
Fernand Léger
Jacques Lipchitz
Joan Miró
Isamu Noguchi
Pablo Picasso
Pierre Soulages
Sōfu Teshigahara

The Louis Vuitton Foundation Museum

いつの時代にも、またあらゆる組織においても、男性たちを魅了し活力を与えてくれる女性の存在があるものです。
「シャルロット・ぺリアンと新しい世界 – Le monde nouveau de Charlotte Perriand」 と題された彼女の大規模な展覧会は、

彼女と、avec(withの意味)の後に名を連ねる偉大なデザイナーやアーティストたちが築き上げたフランスの黄金時代展です。

1920年くらいから始まる彼女の仕事は、得にル・コルビジェとの建築、内装、建具、家具の共同制作で注目されています。
社会の近代化と成長に伴う、Urbanization(都市化)とModernization(現代化)は時として効率化のみを追い求めるハードパワーによる設計になりがちです。
それをより楽しいものとしてソフトパワーでデザインしてきたのが彼女の力。
彼女の言葉、« L’art d’habiter » 「住む芸術」、もしくは「生きる芸術」の意味するところは、人間の生き方の中に芸術的な様式をデザインする彼女のスタイルをよく表しています。

« La création ne connaît pas de formule » 創造力には定型はないという彼女の言葉通り、建築以外にも絵画や写真など、多くのアーティストとの交流や共同作業を残しています。
建築もアートもあらゆる垣根を越える彼女の軽快なステップと笑顔が見えてきます。
その笑顔と活力に後押しされ、コルビジェやピカソを代表する芸術家たちは嬉々として仕事をしてきたのでしょう!?

それから約1世紀、社会の近代化を再確認している現代において、私たちは次のシャルロット・ぺリアンを求めているというが男たちの願望なのではないでしょうか?









Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

Search engine optimization SEO対策

MISSING / pictoplasma

9 275 7200 80.99