L’air du lundi 月曜日の気分


先週末、DHLから「月曜日朝9時に小包を届けますから〜」という電話をもらっていたので、今日はいつもより1時間早く家を出る。制作中のCMの商品が某国から届くはず。
L’air du lundi、月曜日の気分 or 雰囲気という意味のフランス語は、「かったるい」とか「やる気ないね」とかいう意味が込められていますが、月曜の朝のパリはそんなことはなく活気に溢れている。僕は、マレにあるVictor Hugo高校の隣にある公園が好きでその横を抜けることが多い。朝はスプリンクラーが一斉に水しぶきをあげて小さい虹を作る。とても澄んだ空気がそこにはある。多くのませた高校生が学校の前でタバコを吸い。髪の毛をわざとクシャクシャにする娘たちがいる。(ここの学生はとてもオシャレな子が多く、目の保養にもよいですよ)
1時間早く来ることを利用して、その某国と打ち合わせを入れた。初めての顔合わせ。この仕事のメイキングを撮っているそうで、ウェブカムの向こうには、カメラが2台並んでいる。パリからも撮ってくれと言うが、そんな暇はないよ。
実際にDHLが包みを持ってきたのは昼過ぎ、、、毎度のことながら飽きれるけれど、とても有意義なプラス1時間になったので、まあ許そう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

Girlish Design かわゆい系

Scene and Shader

Good sign 幸先いいぞ