GROK

20060623b_grok.jpg 20060623c_grok.jpg
GROKこと、Sound Media ArtistのJunichi OGUROさんがいらっしゃってくれました。現在ドイツ・ベルリンで制作中。 音楽も映像もインスタレーションもこなすマルチタレント。
最新のトラックを聴かせていただき、テクノ談議に花を咲かせる。 彼は、ローランドMC-909のプリセット(テクノパターン)をデザインされている方で、かなりの音フェチ。 右の写真は、彼が音採取をするローランドのレコーダー。 レイヴで踊りたい彼のビートは↓からダウンロード!
という事で、ピヴォのリミックスvol.4はGROKで決まり!!!

Sound Media Artist Junichi OGURO aka GROK visited Le pivot. Now he producing new sounds in Berlin Germany. He is really multi-talent who make music, video, and instalation etc.
We listened to his new tracks and talked techno musics.
Also, He made some Presetting sound of Roland MC-909. The image is a machine that collect some sounds in the life. You can download his recent track that can dance! So Re-mix Le pivot vol.4 is mixed by GROK !!!

At Live April.2006 (128kbps/8m39sec)

2 thoughts on “GROK

  1. いいサウンドですね。昨日、今日はタワーで音楽イベント。こっち(東側)の人はいい曲つくるけど、マーケティングがないのが難点だな。自分はそろそろ東京かえろうかともおもうけど、クリエイション、ヨーロッパのほうが好きだな。なんか、ラフ。

  2. マーケティングが全てではないけれど、 やっぱり欧州の音楽シーンの方が奥が深いと思います。
    ネットワーク・テクノロジーの恩恵で、小さいレーベルやグループが世界的にセールスしていく方法も出てきたので、ミリオンセールスになるビックレーベルと、ガレージレーベルの差がどんどんなくなって行くんじゃないかなぁ~? とオタク音楽好きの私は思います。 もちろん、日本やアメリカにも憧れていますよ~。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

PCの異名 Pseudo de PC

Le Tour de France 2008 ツール・ド・フランス

BRDF(Bidirectional Reflectance Distribution Function) やっぱり貴金属が好き