Go furtherもっと遠くへ

20150619_new_bicycle_faggin
20150619_new_bicycle_faggin2
“My grangmother gave me it to my 19-year-old birthday…” He said to squint. He is imaging a young people ride on the country road dyed golden sun shine color, and hand over bleu bicycle to me.

It is an italian Faggin‘s bicycle in 1980. I think that it’s typical Faggin’s style, as flont fork and rear are chrome-plated, body is painted. This is the work of Italian craftsman.

He gave a description while gently patted all component. It is right that his memories rather than by the description. I felt the love for his bicycle is transmitted iron frame.
In front of the hub have been equipment is a small analog mileage meter for his memory is remaining.

Many bicycle friend said me “Ther is the Bicycle touring culture in France (Cyclotourisme in french)” “Aller plus loin ! (Go further !)”
It means self-contained long-distance cycling trips for pleasure. I think this culture and people made the history as Tour de France.

I was looking for a bike for bicycle commuting, It’s very narrow-minded thinking, Aller plus loin !

20150619_new_bicycle_faggin
20150619_new_bicycle_faggin2
「19才の誕生日におばあちゃんからもらったんだ〜」と目を細めながら、こがね色に輝く田舎町を走る、若きもう一人の自分を思い浮かべているムッシュから、この青い自転車を譲ってもらいました。

これは1980年のイタリアのFagginというメーカーの自転車です。ちょうど後ろのタイヤにかかる部分とフロントフォークがクロームメッキで、本体にあたる部分だけをペイントしてあるのが、当時のFagginの特徴です。イタリア職人のいい味がでています。

一つ一つのパーツを指先で優しく撫でながら説明してくれる彼。説明というか想い出ばなし。。。
自転車への愛が鉄のフレームを通してひしひしと伝わってきます。
前のタイヤハブに小さくてかわいいアナログ式な走行距離メーターがついていて、しっかりと彼の過去の記憶が残っています。
「さようなら」と言ってずっと僕たちのことを見ているんだけど、何だか、こっちが目頭熱くなってきたわ。

この数週間、自転車の話をする人々が声を揃えて言うのは、「フランスにはシクロ・ツーリズムという文化がある」という事。「Aller plus loin ! (もっと遠くへ!)」
自転車で遠くへ楽しく旅行をしようという文化。そういう考えとツーリズムを楽しんできた人々、培った技術ががツール・ド・フランスのような歴史を作り上げたんでしょうね。

自転車通勤しよ〜 とか考えてた狭い境地に蹴りを入れられました。Aller plus loin !

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

The 7th Anniversary of Takeology 毛虫ブログ

Cahier du soir 小学校で初めての宿題が出た!「学校で読んだ本のストーリーを家で両親に話してきなさい」本当はフランス語で両親に話すんでしょうが、うちでは、日本語でストーリーを 話します。これで大丈夫なのでしょうか?一応、話は理解できてそうだけど、日本語に翻訳してるぞ。。。 幼稚園ではお喋りな方で、会話などのコミュニケーションの発達は上々と成績表 に書いてありました。これもよく遊んでくれるご近所や、ゆっくり話しを聞いてくれる友人たちのお陰ですね。これから持って帰ってくる宿題は相当に不安ですが、ご近所のおばさんおじさん、これからもよろしくです!図は、夏休み前にやってたアニメーションで、セットアップのやり方をすっかり 忘れて困っている図。。。お父さん、だめだー。Cahier du soir 小学校で初めての宿題が出た!「学校で読んだ本のストーリーを家で両親に話してきなさい」本当はフランス語で両親に話すんでしょうが、うちでは、日本語でストーリーを 話します。これで大丈夫なのでしょうか?一応、話は理解できてそうだけど、日本語に翻訳してるぞ。。。 幼稚園ではお喋りな方で、会話などのコミュニケーションの発達は上々と成績表 に書いてありました。これもよく遊んでくれるご近所や、ゆっくり話しを聞いてくれる友人たちのお陰ですね。これから持って帰ってくる宿題は相当に不安ですが、ご近所のおばさんおじさん、これからもよろしくです!図は、夏休み前にやってたアニメーションで、セットアップのやり方をすっかり 忘れて困っている図。。。お父さん、だめだー。

The diaper cabinet オムツ収納家具