DREAMIN’ MAN

DREAMIN MAN IS OPEN!

マレのお洒落コーヒーショップ、夢見る男のコーヒーショップ DREAMIN’ MAN が再オープンしたので行ってきました。
と言っても、ご覧のとおりのテイクアウトだけで、外で立ち飲みですが。
僕はミルクたっぷりのアイス・ラテを淹れてもらいました。

「DREAMIN’ MAN」は

ニール・ヤングの名曲ですね。

この曲を聴くだけで、ここでコーヒーを淹れている日本人の気の抜けた感じが伝わってきます。
前の店も狭かったけれど、ここも狭いw
でも、素晴らしく居心地がいいし、コーヒーを飲みに来る人が皆、DREAMIN MAN & WOMANなのだ。

丁度、昨年の寒いころ、僕は新しいアトリエの場所を探してパリを徘徊していました。
パリは、道ごとに、その界隈ごとに個性があるし、歩く人々の雰囲気も違います。
実際に歩いてみないと判らない情緒もあります。
得にアパートの中庭に面した物件は未知の空間です。

そんな頃にDREAMIN MANを訪れて、ふと、「このお店はいったい何㎡あるんでしょうか」とマスターに質問したんですね。
その答えが、僕が探していた物件の約半分の広さだったんです。
狭いと云え(何回も言ってすみません)、そこには、コーヒーを淹れるマシンもカウンターもあり、小さいながらもテーブルが3つあるんです。
正直、そんな広さでお客さんを招くことができるんだと驚きました。

お店作りは、彼の友人で、ノルマンディーの林檎の木でスツールや家具を作っている男性とマスターで手作りだそうです。

そんな雰囲気全体が好きになって、僕の新しいアトリエは、DREAMIN MANと同じ広さですw 狭いですwww

彼とは、前の店 Boot Cafeで知り合って、そこも好きだったので、VOICE AND VIBESのルックブックでも撮影をさせてもらいました。
エスプレッソマシンでコーヒーを淹れているのが彼、DREAMIN’ MANです。

https://youtu.be/UkZ6rNgchnk

#コーヒー #coffee #内装 #インテリア

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

Immitation Appletiser にせアップルタイザー

Abstraction

Detox Day – Abattoir Végétal