Concerning Mr. Arita有田さんのこと


About 1 months ago, in Osaka.

This picture is a ticket that I have a print for the first time at the time of the 20-year-old.
Photograph of the boy, is a picture of Herb Ritz. I has been unauthorized use…
Since I was working to make a counterfeit T-shirt from high school student, the concept of copyright is not may have been abnormal ;)
The boy has been beaten. But I see he is noble, as is full of hope.

This was printed for the event of high school students in the summer 1990.
I had to print the number of lots and lots.
In support to the event, Mr. Arita, assumed the print for free ! (Yhaa !)
I was excited to use the professional print shop for the first time.

A few weeks later, I visited the print shop with a punky and funky design.
The typography had been cut or pasted, and had become upside down.

He said immediately.
“I do not want to print it…”
“…Lack spirit in your’s, and there is no hope to devote to high school students… Come try again !”

Noble spirit and Hope… He was trying to teach that it is such that the basis for the design for a young student as me.

*

About 1 months ago, I visited him first time in 25 years in Nishinari Osaka.
I did not remember him at all. I had just his telephone number…

He could not walk straight.
He greeted to me to walk hard.

He was born as a handicap, and hard work, has launched his own company.
I knew that He wanted convey noble spirit and hope to live, so he has been turned the printing press.
Thanks to the presence like them, I am able to continue to hard work.

I came to see you today, it means that I will continue like you.
See you again Mr.Arita.

約一ヶ月前、大阪で

この写真は、僕が20才のときに初めて印刷所で印刷をしてもらったチケットです。
このボクサーの少年は、ハーブリッツの写真で、僕は全く著作権を無視して使っていますね。。。
高校生の頃からパチもん(偽造品)のTシャツを作るアルバイトをしていたので、その辺の感覚がどうもおかしいです;)

この少年は殴られて負けてしまっていますが、気高い負けん気と希望に溢れています。

これは、とある高校生の1990年夏のイベントのために作られました。
このイベントに協賛してくれたのが印刷所を営む有田さんで、そのお陰で無料で印刷をさせていただきました。
初めてプロの印刷所で刷ることで、とても嬉しく興奮もしていたように思います。

数週間後、とてもファンキーでパンキッシュなデザインを片手に印刷所を訪問。
タイポグラフィーは切られたり、貼られたり、逆さまになったりといろいろでした。

原稿を受け取った有田さんの開口一番
「これは〜、印刷でけへんで。」
「君のには大事な精神性が欠けてるし、高校生たちへの希望もあらへん、、、もっかいやり直してきなさい!」

しばし目が点。。。
アナーキーな精神あってのパンクであり、黒人の歓喜あってのファンクであったのでしょう。僕のは単なるパチもんやったんか。。。
気高い精神性と希望、、、彼はデザインの根底に流れるべき大事な部分を僕みたいな学生に教えようと全身でぶつかってくれたのだと思います。

そして本年5月、25年ぶりに大阪、西成の有田さんを訪問させていただいた。
はっきり言って、彼のことを全く憶えていなかった。ただ電話番号を持っていただけ。

駅まで歩いてきた彼は何か変。まっすぐ歩いていない。
すごい一生懸命ぐいぐい歩いてきて、挨拶をしてくれた。

彼は身体障害者として生まれながらも、一生懸命働いて、32才で自分の工場を建てたそうです。
彼が印刷機を回し続ける意味は、その気高き精神性と希望を表現する為なのだと僕は知りました。
彼らのような存在のお陰で、僕は長い間ブレることなく仕事を続けて来れました。

僕はピヴォをやって10年経ったお祝いのカタログを手渡して、お別れしました。

今日、有田さんに会いに来たのは、またもうちょっと続けますね、という意味です。
また会いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

9 275 7200 80.99

Recycle Bag

How to make Motion Graphics モーショングラフィックスな作り方