13d.jpg13e.jpg
シャルル・ド・ゴール空港は、60年代の雰囲気、イコール、レトロ・フューチャーで好きです。 この空港のサイン計画に使われている文字が“Frutiger” 1968年にこの空港のために、認識率の高さを重視してデザインされました。
仏人の若いデザイナーでも、よくこの文字を指定してくる人がいます。

そんなにかっこよくはないのだけれど、、、安心感がある文字です。
影響されて、時々使っています。(takeo)

Leave a Reply

Your email address will not be published.