Wishes on the moon

Wishes on the moon

今宵、3本目のアニメーションを納品できて生きて夜空を見上げる幸せで泣きそうです! 前回のブログ「木綿子(もめんこ)がキレキレダンスな理由」でも書いたように、今回の仕事は自分の原点回帰として、自分のアニメーションへの興味にこだわりにこだわりぬいた、燃え尽きた3本です。 まだまだ下手ですが、がんばりますパイセンのみなさん! クライアントの社長ブログ
Why she dances sharply – 木綿子(もめんこ)がキレキレダンスな理由

Why she dances sharply – 木綿子(もめんこ)がキレキレダンスな理由

この女の子は”木綿子”(もめんこ)というオーガニックコットンのふわふわが入っているキーホルダーのキャラクターです。 広島で天然素材を使った優しい肌着、インナーウエアなどを作られているマアルさんの10周年記念の商品の一つ。 #木綿子
Viva Kebab – 17th Anniversary

Viva Kebab – 17th Anniversary

本日6月18日は、なんと、「ピヴォ17周年記念日」だけれど、日常は相変わらずに大工工事。。。 今日は、写真の金属のレールみたいなものを買ってきました。 長さ3メートルで、街中を担ぎながら、ぶつけながら歩いて搬入~。 これは、建物のフレームで、壁の内側の構造を作ります。 水平方向を「レール」と呼び、垂直方向を
Theme of marru

Theme of marru

マアル 10周年アニバーサリー企画 第三弾 「素敵な言葉」篇 この言葉たちは、スタッフの方々が好きな言葉をそれぞれが選び、しょうぶ学園の郡山義一さんに書いてもらいました。 ここで特筆すべきは、文字でも、デザインでも、アニメでもなくて、音楽です!
Digital Happy Accident

Digital Happy Accident

別に時間があるわけでもないけれど、初心に戻って、ソフトのメニュー使い方をいろいろ試したり、YouTubeなどのチュートリアルを見ては、「こんなんあったんかー」と唸っている畠井です。 手描きの文字やイラストの「ノイズ」、ぶれ、ゆがみ、かすれ、よごれ、を完全フルデジタルで作ってます。 英語でそういうのを、Happy Accidentと言うと、友達から教えてもらいました。 ので、その幸せアクシデントを取り入れています。 Nurbs平面の分割数を上げて、その頂点ポイントにノイズを入れるやり方がツボで、こんなんあったんかー!とええ感じじゃろ。 ただ、ソフトがめっちゃ落ちる。。。 #3D #animation #アニメーション
Niveau horizontal

Niveau horizontal

満ちてはいないけど月が綺麗。 いつもと風景が違う! そう、床下を斜めに持ち上げて完全に水平レベルに達しましたー! まっすぐって気持ちイイ、当たり前か?! 相変わらず大工仕事に汗を流しています。 ポタっと零れ落ちる汗に青春を感じてしまいますね。 昔、黒澤撮影スタジオで撮影させて
Queer Eye – Netflix

Queer Eye – Netflix

これは、新しいアトリエの床の計測をしているところ。 傾斜して歪んでいるところを、12cm持ち上げようと思い、今週は何度も図面引いてました。 木で組んだり、セメントを流したり、スチールで溶接したりと5パターンくらい考えたのものの、材料の調達が難しい今日この頃。。。 今は、たくさんの制限があるんだけれど、
Lumni

Lumni

フランスにお住まいの方、Lumni観てますか~? Lumniは、学校閉鎖が発表されて、その3日後には早々と放送をスタートした、小中高向けの国営教育番組。 スタジオには、
Amendūla Café

Amendūla Café

この3~4カ月の間、密会するような感じで新しいレストランのオープンについて打ち合わせを重ねてきました。 テーブルを挟んで話をしているのもはばかれるような重い雰囲気の数カ月。。。 その間、フランスでは
DREAMIN’ MAN

DREAMIN’ MAN

DREAMIN MAN IS OPEN! マレのお洒落コーヒーショップ、夢見る男のコーヒーショップ DREAMIN’ MAN が再オープンしたので行ってきました。 と言っても、ご覧のとおりのテイクアウトだけで、外で立ち飲みですが。 僕はミルクたっぷりのアイス・ラテを淹れてもらいました。 「DREAMIN’ MAN」は
The Making of 加トちゃんけんちゃんごきげんテレビ オープニング

The Making of 加トちゃんけんちゃんごきげんテレビ オープニング

The Making of 加トちゃんけんちゃんごきげんテレビ オープニング 30年前の4月、桜の季節、大阪から東京のTVCMの特殊映像を作る会社に就職しまして、今も似たようなことを仕事にしています。 今の100分の1くらい気の弱い男子でしたので、いつもドキドキおどおどしてました。 毎朝、会社のドアの前で3回くらい深呼吸してから、ドアを開けてたのを憶えています。 とてもクリエイティヴィティの高い会社でしたが、僕の仕事は