ATELIER BLEU PARIS


今週から、そらの学校でアトリエ・ブルーという午後の ちょっとした課外授業がはじまりました。
これは、学校の先生ではなくて、外部の方々が教えに来てくれるそうで、パリ市で6,500人がそのプログラムで教鞭をとります。
運動やダンスや文化的なアトリエがありますが、そらが選んだのは中国語。「先生はシノアの人(中国の人)だけど、フランス語はちょっと話せるよ〜」と言っていました。
学校では、フランス語、英語、今日から中国語、家では日本語。彼女曰くイタリア語もOKらしい。凄いな。

この夏休みに姪のお姉ちゃんたちに遊んでもらったおかげで、大阪弁にもチャレンジしていますが、これはかなりヤバいくらい笑えるレベルw。
僕がそらの学校で一番興味があるのが、綴り文字。アルファベットの筆記体ですね。
フランス語でアタッシェ(attaché)。
これまでのアルファベットの概念が覆された、手描きのロゴとかしゃーしゃー描いてた自分が恥ずかしくなります。
そうか、こうやってくるっと綴っていくのか!と発見の毎日。

Leave a Reply

Your email address will not be published.