Anne Teresa De Keersmaker(Rosas) x Steve Reichアンテレサ・ド・ケースマイケル x スティーブ ライヒ


I went to see the performance of Rosas(Anne Teresa De Keersmaker) with Music for 18 Musicians by Steve Reich to Opera theater in Paris. It was wonderfull performance.
I can’t to comment for them Because I have cried :)

I imagined bee’s or migrant’s movement as mysterious phenomenon of the natural world. Or, inter-communications of the dolphin etc. And roop music is a tempo of the natural world. I thought that I was able to understand why he did not use computer programming. They need to natural swinging as 1/f noise that created by human and natural. I’m very happy to meet this phenomenon.
アンテレサ・ド・ケースマイケルさん(ローザス)のダンスMusic for 18 Musiciansのスティーブ ライヒ氏の公演を観にオペラ座に。もう泣いてしまったので、コメントはできませんw

まず、ローザスの動きに関して、感じた事は、蜂や渡り鳥などの不思議な自然現象や、イルカなどの独自の通信みたいなものを観ているようだった。そして、ループされつつ起伏を繰り返す音楽は自然のテンポを聴いているようでした。今回の演奏で、何故、彼がコンピュータの自動演奏を使わずに、生身の人間を使うのかよく判った気がしました。人間が演奏する時に興る微妙な誤差から生じるゆらぎが混じることで、彼の音楽は完成するのでしょう。この現象を観ることができたことで胸がいっぱいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

RER B

New One Got 新規ゲットおりゃー!!!

パリの遺産 PATRIMOINE