How to make a Film フィルムの作り方

Wim Crouwel
Now our production line of ‘3D Computer Generate Images’ is very ramified. Espacially, we can’t see totality as production pipe-line becomes strong. We can’t create the film if we don’t know the montage as magic. The way of working is sure to change even if working as an operative who makes a parts if you know it.
I like linear tape editing than Non-liner digital editing. Because i love the feeling that touching to jog-shuttle.(It feel groovy !)
I think the best importance is remembrance of hands.
Photo is Wim Crouwel who is best important Netherlands graphic designer after the 2nd. war.

3D CGIの制作環境は、とても細分化されていて、制作パイプラインが強靭に構築されるほどに、全体感が見えない傾向にあります。 カットとカットがつながった時に見える魔法のような効果を知らないと、フィルムは作れない。
編集を知ると、たとえパーツをつくる工員として働くにしても、働き方は変わってくるはず。
僕は、実は、デジタルのノンリニア編集よりも、ドライヴ感のあるテープ編集が好きです。 あのジョグシャトルでクリクリする感覚がとてもよい。手が憶えている感覚が一番大切。
この手は、戦後オランダのグラフィックデザイン界の重鎮、Wim Crouwelのもの。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

dreaming dj in pictoplasma berlin :)

Shanghai crab, again 上海カニ、再び

First Editing & Character Design