著作権, Copyright, Droit d’auteur

リス Squirrel
さて、このリスには、著作権があるのでしょうか?おそらくピヴォにあるのでしょう。しかし、描いたのは僕ではないので、全ての権利を描かれた作者から奪い取ることはできません。
フランス語辞書で「著作権」を探しますと、’Droit d’auteur’というワードに行き着きます。直訳すると「作家の権利」になります。英語で’Copyright’は、作品の所有権を示しますので、作品に依存します。要はお金を出して買った者の権利です。作家から権利を剥奪するために作られた強者のための法律と言えるでしょう。’Droit d’auteur’という作家の側に立った法律が存在するところにフランスの奥深さがあると言えるのではないでしょうか?
この1ヶ月、アメリカ市場でのコンペティションに参加し、勝利する事ができました。一体何人がこのコンペに参加したのか判りませんが、ハードな1ヶ月でした。ようやく、契約書を前にして、この’Copyright’問題にぶち当たっています。これから約3ヶ月の、おそらくハードな制作期間を経て完成したものの全ての権利が剥奪されるのです、、、と書いてある。ちょっとクラッと眩暈する。
というか、ヤル気も剥奪された感ある。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

Who should be with ? 誰とつるむべきか?

古巣からのお仕事

mal lunée