童心にかえる Return to the child’s mind

DrawingDrawing
今日は朝からドローングに明け暮れる一日。僕はキャラクターデザインとフィルムの全体のルックが判るイラストレーションを1枚描いている。
そしてYさんは、子供が描いたようなイラストを、色鉛筆やマーカーや水彩絵の具で楽しそうに描いている。童心そのもの。こういう作業に集中できる日は本当に幸せ満点だ。
今日はがんばったので、これからみんなでタイ料理を食べに行く!

4 thoughts on “童心にかえる Return to the child’s mind

  1. sci-fiさん
    こんにちわ。
    実は、この日は朝から少し疲れていて、あまりノリがよくなかったのですが、無心になって描いていますと、何だか疲れもとれて調子が出てきました。ので、金曜日の夜でもありますし、外出もしたのでした!!! 仕事してますと、クリエーション以外に時間を取られる事が多いのですが、この日は珍しく、一日ドローイングに専念できました。

  2. こんにちは。
    無心に何かする、ということがとても少なくなってきたように感じます。年のせいでしょうか・・・
    私は絵や彫刻、陶芸といった形に残るものをしませんが、無心で弾く、とか無心で踊る、といったことは確かにあるかも知れません。
    ふと我に返ったときに感じる心地よい疲労感、あれが好きです。

  3. shishiさん
    僕も仕事で好きな事やらせていただいている割には、日常の雑多なことが多く。 無心になって作業に没頭できるは少ないんです。
    「心地よい疲労感」いいですね。 こういう日を増やしたいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

文学系事務員 Literature Office Worker

THE FUTURE by Miranda July

Non Photo Ralistic Rendering