ピンク色の秘密 Sofia Coppola

前述の映画のカラーリングに関する考察。
オフィシャルサイトでトレーラーを見る事ができます。 衣装やデコレーションのデザインが、これまでの時代物とは全く違うトーンで構成されている事に気づきます。 淡いパステルカラーや鮮やかなピンクやブルー。 ソフィアさんのインタヴューを読むと、カラーは、パティスリー(お菓子やケーキ)を参考にデザインしたそうです。さすがはMILK FED!(takeo)

Consideration to coloring of the following topic of film.

You can see the trailer here at the official site.
Design of decoration or costumes are composited in a completely different tone from orthodox costume play.
They used abundance of pastel color and shocking pink or vivid blue.
From Sophia’s interview, she refered to sweets for designing colors.
She really is a disigner of MILK FED!!!
 

4 thoughts on “ピンク色の秘密 Sofia Coppola

  1. ソフィアコッポラは何気に巨匠の道を歩んでますね。
    買いかな。

  2. 衣装素敵!
    「ベルサイユのバラ」思い出しました。
    もうすぐ公開ですね!是非見たいです。

  3. ricaさん
    衣装はホント、ガーリッシュですね~。
    でも、男性人のあのズボンは変ですよね。
    今週公開です!!!!!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

Progressive Artists Open System デザインの現場との出会い

Where do I live? How work do I do?

Css3 Media Queries 今日の進捗