スキンスキンスキニング SkinSkinSkinning

20070314a_skinning.jpg20070314b_skinning.jpg

The next stage for “SetUp” is the “Skining”, which appoints how the surface transforms or corresponds to the bone structure.
When you choose each joint, the surface is drawn by the gray gradation.
If the white parts gets 100% influence, the black parts gets 0 % influence, we paints with 3D paint brush thus.
This is quite artisan work, so I normally entrust it to someone, but this time I learn it and do it myself.
It looks quite easy but actually not….
The sensation when the 3D brush sticks to the surface is nice!

SetUpの次のステップは、骨組に対して、表面がどのように対応、変形するかを指定する”Skinning”。 各間接を選ぶと、表面がグレーのグラデーションで描かれます。 白が100%影響を受ける~黒が0%を受けるという風に、3Dのペイントブラシでぬりぬりします。
これはこれで職人芸なので、日頃は人任せにしてましたが、今回は、ちょっと勉強して、自分でやってみました。ん~~~、簡単に見えてコレはっ。。。
この3Dペイントといのが、とても気持ちいい。 表面に食いつく感じがよい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Recommendation

美味しい二次会 Delicious Post-party

Where we need live ? どこに住むべきか?

QWERTY vs AZERTY